表札に風水を取り入れてみませんか

風水を使って玄関から運気を上げようと考えた場合、表札は重要な位置にあるアイテムです。
まずは素材ですが、風水で見た場合は木で作られたものがいいと言われています。
ただ木製のものだとメンテナンスが大変なケースもあるので、そんな時は運気を上げる効果がある白を基調にした石製にしましょう。
逆に正反対の黒色は停滞を意味するので避けたほうがいいそうです。
表札に入れる文字にも工夫するポイントがあります。
石や木の表面に文字を彫り込む行為は墓石に名前を刻むのに似ているため、浮き彫りのほうが縁起があがるそうです。
最後に色々と運気があがるように工夫した表札を玄関のどこに配置するかですが、外から家を見た場合に右側になるようにしましょう。
右側は風水ではいい気が入ってくる方向と言われているので、そこに名字が刻まれたものを置くことで発展運があがります。
その時に迷うのはフルネームで名前を書くかですが、防犯上心配な場合は家長のフルネームだけにしても風水的には問題ありません。

関連情報:表札プランの基礎知識 [エクステリア] All About

check

2017/4/27 更新